医療

●医療(医学)の最大限の広義の定義

健康と病気に関する人間のさまざまな諸実践のことを、もっとも広い意味における医療(医学) と呼ぶことができる。

●日常的慣用法としての「医療」

 従来の日本語の用語の定義は次のようである。(『広辞苑』第四版より)

【医科】医術に関する学科。内科・小児 科・外科・眼科・皮膚科・耳鼻咽喉科・産婦人科などの総称。

【医学】生体の構造・機能および疾病を 研究し、疾病の診断・診療・予防の方法を開発する学問。基礎医学・臨床医学・社会医学・応用医学などに分けられる。

【医療】医術で病気をなおすこと。療 治。治療。

とある。  すなわち「医科」とは、人間社会における諸処の技術=術(テクネー)におけるある特定のジャンルのことをさす。その意味で「医科」「歯科」「薬科」など と区分けされることには(人間社会における「技術」の分業という観点からみて)一定の意味がある。

次に「医学」と「医療」の区分であるが、これは近代医療体系が導入されてこのかた、常に問題 となるところであるが、広辞苑の定義は明確である。「医学」は医療とは関係を保ちながらも独自のシステムを形成しており、また同時に「医療」の下位のジャ ンルとして位置づけられることを示している。すなわち、従来考えられてきた「実践イコール医療、学問イコール医学」と二分して理解することはできない、と いうことである。  また重要なことは「医療」は「医術による実践 medical practice」とされていることである。(次項参照)

●「医術」概念の復権

医術はギリシャ語のテクネー・イアトリケーの訳語として考えられるが、今日「医術」という言 葉の復権がみられる。それは、近代医療における自然科学方法が成果を挙げながらも完全ではないことが明かになったこと、に起因する。このことは、「癒し」 概念への関心、バイオエシックスの登場、社会医学や医学史関連分野の業績の近年の増加などによっても傍証することができる。

 ここで改めて問題となることは、「医療」と「医術」の概念をどのように位置づけるかという ことなのである。川喜田(1977上:320)は医療の英訳として「癒しの術」(healing art)とまで記している。テクネー・イアトリケーのについて理解したことがあるものは、今日用いられる「医療技術」が「医術」に相当するとは決して考え ない。なぜなら、その人は「医療技術」は近代西洋科学における、テクネーの要素還元的な一部の技術分野でしかないことを熟知しているからである。

 またテクネー・イアトリケーのを理解するために、古代ギリシャの古典をもってよしとする訳 にはいかない。近代科学技術によって生じた、古典時代には全く経験したことのない事態に我々は遭遇しているからである。  したがって、現代においてあるべき「医療の姿」を再創造するためには、現代における個別の医療実践を試みるだけにとどまらず、包括的な医療実践とは何か について、実践を通して考察しなければならない。

(看護福祉学部は、そのような理念と実践の創造の場であると認識されていることをここで再確 認すべきである。)

●「医療」を再定義すること

 従来の「医療」には、狭義の医家が診療・治療することという、きわめて限定された意味しか 与えられてこなかった。そのため「医療」がそのような狭い意味にとられる状況は避けられない。

 したがって、ここで我々が前項で主張した「新しい医療概念」について理解してもらうために は、「医療という概念は、近代科学的医学の反省に立って、現在包括的に再定義されつつある」という事態をまず第一に承知させる必要がある。

 さらに「新しい医療という実践と概念の総体は、現在発展途上にあり、その概念を創造し利用 する者の手に委ねられている」ということを理解することも必要である。

 では、この「新しい医療概念」とは、どのようなものであるべきなのか?

●「新しい医療概念」についてのメモランダム

 現状を冷静に理解すると、そのような「新しい医療」という概念がすでに完成されているので はないことを、基本的に理解しておく必要がある。しかしながら、その概念の登場を待って実践を開始するということは非現実的である。事態はすでに始まって いるからである。したがって本学ならびに本学園が、このような医療概念および実践の先頭をきってリードする気概を持たねばならない。この「新しい医療」に ついて、現在までに指摘されてきたことをもとに、メモランダム風に箇条書すると次のようなことが指摘されよう。  

 a.医療を、狭義の医家(例:医師)による特定の場(例:診療室)における治療実践と して捉えないこと。したがって、歯科・薬科・看護・福祉などの諸実践は、この包括的医療実践と深く関わっていることを改めて認識すべきである。

 b.従来試みられてきた「近代医療批判」の内容を詳細に検討し、それに対して対処的に 改善策を提示することができる知的営為があること。すなわち「新しい医療」という構成に自己調節/自己改善という考え方が備わっていることである。そのた めには、高度な研究機構を整備するとともに、今後は研究と教育と機能を従前以上に密着させる必要が生じることが予想される。

 c.医療人のみならず、一般の人びとにも情報が公開され、相互に信頼して利用されるシ ステムが構築される必要性。「新しい医療」の教育には、医療人のみならず、児童や生徒などから一般社会人に至るまでが参加できるような機会がもたらされな ければならない。そのためには、公開講座など大学が社会に対して開かれた機能をもつことを実践することも「新しい医療」には必要である。

●まとめ

1.「医療」の慣用的および語義的な意味においても、その概念は包括的なものである。

2.近代医療の発達がもたらした恩恵と弊害について考察されるにつれて、医療の古典的な包括 的概念に対する再評価が登場してきた。また同時に、現代社会の固有の問題への対処のために、古典的で包括的な「医療」概念の再検討のほかに、「新しい医 療」概念の確立が希求されている。

3.本学が名称に採用する「医療」とは、その新しい医療概念を希求しつつ、かつ創造する営為 であることを、改めて確認する必要がある。

4.「新しい医療」概念の確立のためには、従来鋭意努力されてきた教育と研究という2本柱 を、さらに強固に関連づけるとともに、高度な研究体制で望まねばならない必要が生じる。