健康診断を受けて重大疾患を回避する

SHARE

健康診断を受けて重大疾患を回避する

【ドロドロ血液は重大疾患の前兆?】

重大疾患と呼ばれる症状の多くは、血液に関連していることが多いのが特徴です。心筋梗塞や脳卒中といった生死に関わる病気の場合も、血流の詰まりが原因で発生します。血流ドロドロを招いてしまう症状には糖尿病・脂質異常症・高血圧などがありますが、いずれも動脈硬化の原因となる血流障害の一種でしょう。

 

【人間ドックは必ず自分の為になる】

健康診断を受けることは、血流サラサラ生活を維持するためにも効果的です。血流がよければ細胞・肌も元気になり、成人病にもなりにくいです。健康診断を受けるペースは年1回を基本として、あとは自発的に人間ドックを受けるとよいでしょう。

 

人間ドックは必須ではありませんが、健康診断よりも正確な検査が可能となります。数年に1回は受けるようにして、病気を予防してください。病気を予防するという意識は非常に大切で、予防には痛みを伴うことがありません。ここが痛みを伴うことがある治療と異なるところです。

 

【病気はしないのが1番!】

病気を予防するためには日々の心がけが大切ですが、具体的にどのような対策をすればよいのか自分では判断が難しいでしょう。

例えば運動はカロリー消費を高めてくれますが、足腰が弱っている方が無理をすると腰痛・関節痛を招いてしまうことがあります。

こうしたリスクを避けるためにも、健康診断を受けることが効果的です。医師から何をすればよいのかアドバイスをもらえますから、それを守った生活を意識してください。

健康習慣を3ヶ月も実践すれば、体調の変化を実感できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です